ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年10月18日 07時58分 公開

「やっちゃえ NISSAN」がやっちゃった 無資格検査問題、永ちゃんは何を思う? (1/3)

矢沢永吉さんが「やっちゃえ NISSAN」とつぶやくテレビCMが評判となった日産自動車。だが9月末に無資格者が新車の「完成検査」を行っていた問題が発覚し、「やっちゃった!」と揶揄される事態になった。

[産経新聞]
産経新聞

 自動運転などの最先端技術を紹介した後、ロック歌手の矢沢永吉さん(68)が「やっちゃえ NISSAN」とつぶやくテレビCMが評判となった日産自動車。だが9月末に無資格者が新車の「完成検査」を行っていた問題が発覚し、「やっちゃった!」と揶揄(やゆ)される事態になった。発覚後に記者会見した西川広人社長も頭を深く下げることはせず、一部から「不遜だ」と批判された。10月末をめどにまとめる調査結果の内容によっては、日産を見る「世間の目」はますます厳しくなりそうだ。

画像 日産自動車のロゴマーク
画像 ロック歌手の矢沢永吉さん

 問題が明るみに出たのは9月29日夜。日産で国内広報を担当するジャパンコミュニケーション部の浜口貞行部長らが東京都千代田区の国土交通省で緊急会見し、「一部の検査項目について、認定した『検査員』が実施していなかった」と明らかにした。

 浜口氏らは深々と頭を下げたものの、「謝罪」の雰囲気は感じられなかった。そもそも、不祥事の会見は代表権を持つ社長や担当役員が行うのが一般的だ。「それほど大きな問題ではない」というメッセージを伝えたかったのかもしれないが、“事態軽視”と取られてもやむを得ない。

 そして週明けの10月2日、今度は西川社長が会見し、大規模なリコール(回収・無償修理)を実施し、再検査すると発表した。

 会場は横浜市の日産本社。全国紙の自動車担当記者や自動車業界紙の記者は主に東京に常駐している。このため「都内で会見すべきだ」という意見もあったようだが、結局は記者を“呼びつける”格好となった。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.