ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年10月24日 08時10分 公開

激高、あおり……ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故 (1/4)

東名高速道路でトラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。事故を誘発したなどとして逮捕された男は、足でハンドルを操作する様子を知人らが目撃するなど、悪質運転の常習者だった。

[産経新聞]
産経新聞

 神奈川県大井町の東名高速道路で6月、トラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。車を運転する人には、とても他人事と言えない事故だったからだ。ワゴン車の前に自分の車を停車させ、事故を誘発したなどとして逮捕された男は、足でハンドルを操作する様子を知人らが目撃するなど、悪質運転の常習者だった。神奈川県警の調べに「(夫婦の夫に)注意され、頭に来たのでやった」と供述している。捜査関係者は「長距離の運転もいとわない、いわゆるドライブ好き」と打ち明ける。より罰則の重い危険運転罪の適用を求める声もあがるなど、余波は広がっている。

画像
画像
画像 移送される石橋和歩容疑者=福岡市博多区

横浜観光の帰り道

 6月5日午後9時半ごろ。萩山友香さん(39)=静岡市清水区=が運転するワゴン車が、神奈川県中井町の「中井パーキングエリア(PA)」から出ようとしていた。駐車スペースからはみ出して止まっていた乗用車に、ワゴン車の後部座席にいた夫の嘉久さん(45)が「邪魔だ」と注意。悪夢はここから始まってしまった。

 男は、福岡県中間市の建設作業員、石橋和歩容疑者(25)=自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑などで逮捕。捜査関係者によると、この日は、知人女性を乗せて横浜市内の赤レンガ倉庫などを訪れ、帰路についたところだった。

 石橋容疑者は嘉久さんの一言に激高。ワゴン車を追走してすぐに追い抜くと、車線変更を繰り返した。妨害走行は約1分間、距離にして約1・4キロにわたって続き、友香さんはやむなく追い越し車線上で停車。「ケンカを売ってるのか?」。石橋容疑者は九州なまりの言葉ですごみ、ワゴン車内に身を乗り出して嘉久さんの胸ぐらをつかんだ。嘉久さんは「すいません」と謝ったが手を緩めず、車外に引きずり出そうとした。友香さんが運転席を降りて2人のそばに駆け寄った直後、後方からトラックが突っ込んだ。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.