ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年10月25日 07時04分 公開

「サクラにだまされた」出会い系サイトに5000万円、被害の60代男性が怒りの提訴 (1/4)

59歳の誕生日までに彼女が欲しい――そんな思いで登録した出会い系サイトに約5000万円もの大金をつぎ込んだのに、相手の女性はサクラだったとして、60代の男性がサイト運営会社に対し、支払った金額分の賠償などを求める訴訟を起こした。

[産経新聞]
産経新聞

 59歳の誕生日までに彼女が欲しい。そんな思いで登録した出会い系サイトに約5千万円もの大金をつぎ込んだのに、相手の女性はサクラだったとして、関西地方に住む60代の男性がサイト運営会社に対し、支払った金額分の賠償などを求める訴訟を裁判所に起こした。男性はサイトを通じて「女性」と連絡を取り合ったが、会う約束をしてもドタキャンされるばかり。さらに「悪者から女性を助けるために必要」などとポイント購入を要求されるなどしていた。「女性はサクラに違いない」という男性の訴えに対し、サイト側は「実在の女性だ」などと反論。果たして裁判所はどちらの言い分に軍配を上げたのだろうか。

画像 59歳までに彼女が欲しいという切実な思いで出会い系サイトに登録した男性。知り合った女性からデートの約束をキャンセルされ続けたばかりか、有料のポイントが必要なメール送信などを要求され、気づけば約5千万円をつぎ込んでいた。運営会社に対し「女性はサクラだ」と提訴に踏み切ったが……

59歳の誕生日が近付き……

 約5年前、男性は59歳の誕生日を前に、ある出会い系サイトに登録した。

 サイトに登録すれば会員のプロフィルを見たり、会員同士でメールをやりとりしたりするのが可能になるが、それをするには有料のポイントが必要。1ポイント10円で、メールの送信は22ポイント、受信は24ポイント。会員のプロフィル写真を見るだけでも30ポイントを消費してしまう。

 男性はやがて、サイトを通じて「あやか」(仮名)と名乗る人物と知り合った。メールのやりとりをするうち、次第にあやかに好意を持つように。2回会う約束をとりつけたが、いずれも直前でキャンセルされてしまう。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.