ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年10月31日 07時43分 公開

デヴィ夫人が猛反発……「三菱東京UFJ銀行」の「東京」の文字消して大丈夫? (1/4)

三菱東京UFJ銀行が来年4月に銀行名から東京を外し、「三菱UFJ銀行」に変更することについて、デヴィ夫人が敢然と異を唱えている。

[産経新聞]
産経新聞

 三菱東京UFJ銀行が来年4月に銀行名から東京を外し、「三菱UFJ銀行」に変更することについて、著名タレントのデヴィ夫人(77)が敢然と異を唱えている。自身の公式ブログで「私は絶対反対です!外すならUFJの方でしょう」などと猛反発。その上で、「東京」を消そうとする三菱東京UFJ銀に対し、「皆さん365日、24時間営業、電話一本で事を済ませることができる『プレスティア』の方が便利だということに気付くのではないでしょうか」と、ライバルである三井住友銀行子会社のSMBC信託銀行のブランド名まで引き合いに出して批判する始末……。デヴィ夫人が「東京」の名前にこだわるワケは−。

画像 三菱東京UFJ銀行の行名変更に言及したデヴィ夫人のブログ
画像
画像 三菱東京UFJ銀行は来春から「東京」が外れ、「三菱UFJ銀行」になる=東京都中央区

 「私たち(外国在住の)日本人にとって、どんなに『誇り』だったでしょう」

 「国際的にもいまだに「『The Bank of Tokyo(東京銀行)』の名前が有名」

 デヴィ夫人は今夏、「東京の名が消える 三菱東京UFJ銀行」と題したブログを公開した。

 デヴィ夫人はインドネシアの故スカルノ元大統領の妻となり、数奇な半生を送ったことで知られる。

 デヴィ夫人がインドネシアに住み始めた1960年代初頭には旧東銀(現三菱東京UFJ銀)の支店が同国の首都ジャカルタにあり、ブログでは「ずっとお世話になっておりました。私と同じようにメランコリック(憂鬱)さを感じている人は数多くいらっしゃると思います」と振り返った。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.