ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年11月01日 07時24分 公開

訪れてみたい「アニメ聖地」なぜか「東」に集中 滋賀の「けいおん!」など落選 理由は? (1/4)

「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」はなぜか「東」に集中。滋賀の「けいおん!」の聖地など、西の聖地の多くは落選した。その理由は?

[産経新聞]
産経新聞

 アニメファンの聖地巡礼の“バイブル”となる「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」(ホームページ「http://animetourism88.com/ja/sanctuary/」を参照)が今夏発表された。出版大手や旅行業界大手など5社からなる「アニメツーリズム協会」(富野由悠季理事長)が海外を含むファンのウェブ投票をベースに、アニメ版権会社や関連自治体と協議して選出。四国のお遍路詣り「四国八十八ケ所」にならい、アニメの聖地周遊の広域観光ルートを作り、地方創生や訪日外国人客増加につなげる狙いがある。

画像 「ガールズ&パンツァー」の聖地、大洗マリンタワー=茨城県大洗町(同町提供)
画像 アニメ「ラブライブ!」の聖地とされる神田明神=東京都千代田区(同社提供)

 ただその結果は、「ガールズ&パンツァー」(茨城県大洗町)や「エヴァンゲリオン」シリーズ(神奈川県箱根町)など東の人気作品(聖地)が順当に選出された一方、「けいおん!」(滋賀県豊郷町)や「涼宮ハルヒ」シリーズ(兵庫県西宮市)など西の有名作品の多くが落選の憂き目に。落選した自治体からは落胆の声も出るが、なぜこんな結果になったのか。(尾崎豪一)

「選ばれなかった人気の聖地」

 「大変に残念。今回選ばれれば(聖地として)再浮上したかもしれなかったのに……」。和歌山県美浜町の笠野和男副町長は無念さをにじませた。8月26日、発表された聖地には、アニメ「AIR(エアー)」と「美浜町」の文字はなかった。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.