ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年11月07日 16時08分 公開

「サンタは実在する」 米空軍がTwitterでの発言を訂正

NORADでサンタ追跡やっているわけですし。

[AP通信]

 米空軍によれば、先に投稿した「サンタクロースは実在しない」というツイートは“はったり”であり、言い争いをやめない2つの空軍基地に対し、クリスマスを奪うと脅しをかけたにすぎないという。

 ことの発端は、ノースダコタ州のマイノット空軍基地とミズーリ州のホワイトマン空軍基地が、どちらの航空隊がより優秀かをめぐり、Twitterで言い争いを繰り広げていたことにある。ラジオ局KFGOによれば、それを知った米空軍の公式アカウントが仲裁に入り、両基地に対し、「お互い仲良くやれないのなら、今年はサンタは何も持ってきてくれないだろうね。サンタは実在しないのだから!」とツイートしたという。

 このツイートが広く注目を集めたことから、米空軍はその後、この発言を撤回。サンタは「実在する」と明言し、先のツイートについては、「両基地に仲良くしてもらうためにはったりをかけたにすぎない」と釈明した。

 米空軍は、毎年クリスマスイブになると北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が衛星やレーダーやジェット機を駆使して、サンタクロースのソリでの移動を追跡していることも強調した。

photo NORADのサンタ追跡サイトは12月オープン(Image via NORAD)
photo サンタ追跡の専用アカウントもある(Image via NORAD)

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.