ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年11月21日 08時17分 公開

働き方改革 中間管理職へ丸投げ「ボスはつらい……」 (1/3)

「働き方改革」が急速に進む中、「会社の支援が不十分」と感じている部課長クラスが9割に上ることが調査で判明。中間管理職が改革の推進を丸投げされ、「ボスはつらい……」と苦悩している姿が浮き彫りになった。

[産経新聞]
産経新聞

 「働き方改革」が急速に進む中、「会社の支援が不十分」と感じている部課長クラスが9割に上ることが、働く人の子育て支援などを手がけるNPO法人「ファザーリング・ジャパン」(東京)の調査で分かった。業務時間の削減などに集中し本質的な業務内容を見直そうとせず、本末転倒な「働かせ改革」だと批判も。中間管理職が改革の推進を丸投げされ、「ボスはつらい……」と苦悩している姿が浮き彫りになった。(社会部 天野健作)

相次ぐ過労死

 働き方改革は待ったなしの状況にある。昨年、電通の新入社員、高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺したことが発覚したことを契機に一気に機運が高まり、今年10月にはNHKの記者、佐戸未和さん=同(31)=が過労死したことも明らかになった。

画像 電通と合意した後、会見する高橋まつりさんの母、幸美さん=1月20日、東京・霞が関

 同法人は、部下や同僚らの育児や介護・ワークライフバランスに配慮・理解のある上司「イクボス」を増やす取り組みを進めているが、働き方改革に対し管理職の悩む声が大きくなっていると感じたため、8月にインターネットで調査を実施した。

画像

 従業員50人以上の企業に勤める課長と部長クラスの1044人(男性1013人、女性31人)が回答した。年代は50代が56%、40代が40%で、業種は製造業が3割以上で最も多かった。年収は1千万円以上が4割だった。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.