ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年11月22日 07時19分 公開

好きなのになぜ? 大阪府民「たこ焼き、月に1回以下」75% (1/5)

大阪名物といえば、たこ焼き。大阪府民の9割が「好き」と答える一方で、食べる頻度は「月1回以下」という回答が75%を占めた。好きなのになぜ、あまり食べないのだろうか?

[産経新聞]
産経新聞

 大阪名物といえば、たこ焼き。買い求める人たちでにぎわう大阪・ミナミ(大阪市中央区)で、大阪府民50人に「たこ焼きが好きか」と質問したところ、44人が「好き」と答える一方で、このうち食べる頻度は「月1回以下」という内容の回答が33人と75%を占めた。「好き」な人のうち「1〜3カ月に1回」程度としたのが計26人で、「年1〜3回」程度とした回答が計7人いた。「大阪ではいつでも食べられる」「焼き肉やラーメンのほうが多い」「機会がない」といった声も聞かれた。本場とされる大阪の人々は本当にたこ焼きが好きなのだろうか。(張英壽)

画像 大阪人のソウルフード「たこ焼き」=大阪市中央区

どっちかといえば「好き」

 店頭にタコのオブジェが掲げられたミナミのたこ焼き店の前には、日本人や訪日外国人がびっしりと並んでいる。大阪府民はどのくらい、このたこ焼きを好んで食べているのか。そんな疑問から、ミナミの街頭で「たこ焼きが好きか」「どのくらいの頻度で食べるのか」などを20〜60代と80代の府民50人に質問してみた。

画像 にぎわう大阪・ミナミのたこ焼き店。タコのオブジェが掲げられている
画像

 その結果、44人が「好き」と回答し、残りの6人も「ふつう」「好きでも嫌いでもない」で、「嫌い」とする人はゼロ。たこ焼き人気はしっかりと定着していることが確認された。

 しかし、「好き」とした44人が実際に食べる頻度を尋ねると、「1週間に1回」「2週間に1回」「月2、3回」「月2回」が計10人で、「月1、2回」が1人いた。毎日食べるというような回答はなかった。

 これに対し、このほか33人の回答は、「月に1回」「月1回食べるかどうか」計16人▽「2、3カ月に1回」「2カ月に1回」「3カ月に1回」計10人▽「半年に1回」と「年2、3回」計4人▽「年1回食べるかどうか」「年1回」「年1、2回」計3人−となった。

 回答を簡略化すると、「月に2〜4回」程度は11人、「1〜3カ月に1回」程度は26人で、「年1〜3回」程度は7人。「好き」の75%にあたる33人が「月1回以下」だった。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.