ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年12月05日 16時29分 公開

太陽圏外飛行中のボイジャー1号、37年ぶりにエンジン作動 地球から210億キロ先で (1/2)

「まるで少しも時間など経っていないかのように」再び動き始めた。

[AP通信]

 米航空宇宙局(NASA)は地球から約130億マイル(210億キロ)先を飛行中の無人探査機でエンジンテストを実施した。

 NASAの地上管制官は11月末、現在地球から最も遠く離れたところを飛行中の無人探査機「ボイジャー1号」に対し、軌道修正用の4基のバックアップエンジンを噴射させる指令を送信した。ボイジャー1号が土星に最接近して以降、これまで37年間使われずにきたエンジンだ。

 喜ばしいことに、長らく休眠状態にあった4基のエンジンはNASAからの指令を受け、正常に動作を開始した。この朗報を伝える信号は、米カリフォルニア州パサデナのNASAジェット推進研究所(JPL)で結果を待つ専門家チームの下に19時間以上かけて届けられた。

photo 飛行中のボイジャー1号想像図(Image via NASA)

 エンジンテストの目的は、4基の軌道修正エンジンを使ってボイジャー1号の通信アンテナを地球の方向に向けられるかどうかを確認することにあった。通常、機体の姿勢は別のエンジンで制御するが、その姿勢制御用エンジンが劣化しつつあることから、軌道修正エンジンを代用する案が浮上した。4基の軌道修正エンジンは2018年1月に姿勢制御を引き継ぐ予定だ。この切り替えによって、ボイジャー1号の寿命は2〜3年延びることになるという。

       1|2 次のページへ

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.