ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年12月06日 09時06分 公開

「2番では絶対ダメ」 逮捕されたスパコン開発ベンチャー社長 斉藤元章容疑者 (1/2)

「来年は世界トップを目指す」――詐欺容疑で逮捕された斉藤元章容疑者は、大企業をしのぐ高性能スパコンの開発で一躍脚光を浴び、「2番では絶対にダメ」と、世界最先端を走る中国への強烈な対抗心をあらわにしていた。

[産経新聞]
産経新聞

 「来年は世界トップを目指す」。東京地検特捜部に5日、詐欺容疑で逮捕された斉藤元章容疑者は、大企業をしのぐ高性能スパコンの開発で一躍脚光を浴び、「2番では絶対にダメ」と、世界最先端を走る中国への強烈な対抗心をあらわにしていた。国の有識者会議の委員も務めていたが、逮捕容疑は国を欺いた詐欺。業界からは日本のスパコン開発への影響を懸念する声も出た。

画像 スパコン性能ランキングの表彰状を背にする斉藤元章容疑者=7月、東京都千代田区
画像 ペジーコンピューティング本社の入るビルから押収物を運び出す東京地検の係官ら=5日午後、東京都千代田区(桐原正道撮影)

 自著などによると、斉藤容疑者は新潟大医学部を卒業後、東大大学院へ進んだ。平成9年に米シリコンバレーで起業し、23年の東日本大震災を機にスパコン業界に参入した。

 業界関係者は「切れ者、野心家という印象。なぜ足を踏み外してしまったのか不思議だ。開発したスパコン自体に問題があるのではなく、今回の事件で日本のスパコン開発がつまずくと困る」と顔を曇らせる。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.