ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年12月07日 07時31分 公開

クルマの“インスタ映え”スポット、マナー違反でトラブル続出 閉鎖へ (1/4)

インスタ映えスポットとして人気のあった大阪の港湾エリアの一角が、閉鎖されることが決まった。理由は訪問客のマナー違反。写真に映り込まない部分では、騒音やごみのポイ捨てなど見栄えの悪い行為が横行していた。

[産経新聞]
産経新聞

 今年の新語・流行語大賞となった「インスタ映え」。会員制の写真共有サイト「インスタグラム」に投稿すれば、注目・称賛を浴びるであろう被写体のことだ。インスタユーザーの女性らを中心に使われるようになり、「カワイイ」「イケてる」といった意味合いも。そんなインスタ映えスポットとして人気のあった大阪の港湾(ベイ)エリアの一角が、閉鎖されることが決まった。理由は訪問客のマナー違反。写真に映り込まない部分では、騒音やごみのポイ捨てなど見栄えの悪い行為が横行していた。

画像 安全確保とマナーの問題から閉鎖されることが決まった「ナナガン」=11月28日、大阪市港区海岸通

車両続々と結集

 午後9時過ぎ、大阪市港区海岸通りの突堤。周囲には倉庫しかないようなこのエリアに、次から次へと車がやって来る。ざっと40台以上の車両が岸壁に並んでいた。

 通称ナナガン。検索大手グーグルの地図アプリで「第七岸壁」と表示されることから、略してこう呼ばれるようになった。正式名称は「大阪港第三突堤先端物揚場(ものあげば)」。大阪市が管理する船の荷揚げ場所だ。

 大阪湾の上を走る阪神高速湾岸線の真っ赤な橋梁や、その向こう側の工場地帯を一望できるスポットで、確かに景観はいい。だが、この眺望見たさに車が集まってきているかというと、どうも様子が違う。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.