ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年12月20日 07時15分 公開

「存在しない行き先表示を撮りたくて……」 「撮り鉄」2少年逮捕 取り調べ中もうれしそうに電車の話 (1/3)

西武新宿線の駅構内に侵入し、電車の表示板に細工したなどとして、鉄道ファンの少年2人が逮捕された。「存在しない行き先表示を撮りたい」と撮影に成功。犯行写真を閲覧した善良な鉄道ファンが鉄道会社に通報し、御用となった。

[産経新聞]
産経新聞

 西武新宿線の本川越(ほんかわごえ)駅(埼玉県川越市)構内に侵入し、電車の表示板に細工したなどとして、器物損壊などの疑いで鉄道ファンの少年2人が埼玉県警に逮捕された。「存在しない行き先表示を撮りたい」という趣旨の供述をしていた2人は、実際に写真撮影に成功。だが、会員制交流サイト(SNS)に投稿された犯行写真を閲覧した善良な鉄道ファンが鉄道会社に通報し、御用となった。ファンならではの「珍しいものを他人に見せたい」という欲求が、あだになった。

画像 本川越駅構内に侵入したなどとして逮捕された2少年の自宅から押収された行き先表示板など=埼玉県警川越署(同署提供)
画像

 埼玉県警によると、逮捕されたのは、東京都中野区の無職少年(18)と西東京市の男子高校生(16)の2人。逮捕容疑は7月24日未明、川越市の本川越駅構内に侵入し、電車の行き先を表示する前面表示器の歯車部分に接着剤のようなものを付着させて使用できなくした疑い。さらに、電車内から合図灯(時価約1万円相当)を盗んだとしている。

 捜査関係者によると2人は、電車の写真を撮ることが趣味の「撮り鉄」といわれる鉄道ファン。共通の趣味を通じ、撮影ポイントで知り合ったという。「(取り調べのときも)うれしそうに電車の話をする。電車が好きなんだなと感じた」という。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.