ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年01月19日 07時27分 公開

「Twitter投稿で名誉毀損」大阪知事が新潟知事を提訴

Twitter投稿で名誉を傷つけられたとして、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事が、新潟県の米山隆一知事に550万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

[産経新聞]
産経新聞

 大阪府立高の頭髪指導訴訟をめぐるツイッターの投稿で名誉を傷つけられたとして、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事が、新潟県の米山隆一知事に550万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴したことが18日、分かった。

画像 新潟県の米山隆一知事=1月4日、新潟県庁(松崎翼撮影)

 訴状などによると、米山知事は昨年10月末、自身のツイッターで大阪府立高での頭髪指導をめぐる訴訟に言及。府立高の責任者は「維新の松井さん」とし、「異論を出したものをたたきつぶし党への恭順を誓わせてその従順さに満足する」などと投稿した。

 松井知事側は「維新の松井さん」が自身を指していることは明らかで、「党内でまるで『独裁者』であるかのように振る舞っているとの印象を抱かせる」と指摘。その後に米山知事が「松井さんとは書いていない」と否定する投稿をしたことを考慮しても、社会的評価を低下させたと主張している。

米山知事「言論の自由をどう考えているのか」と反論

 松井知事は18日、米山知事の投稿に関し「事実誤認にもかかわらず謝罪がなかった。僕と維新の会に対する侮辱で、しっかりと反省すべきだ」と府庁で記者団に語った。

 一方、米山知事は同日、報道陣の取材に「松井知事のことではないと何度も書いているのに、なぜ誤解されるのか理解に苦しむ」と指摘。「政治に対する正当な論評だ。言論の自由をどう考えているのか」と述べた。

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.