ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年01月22日 07時28分 公開

数千円で済むはずが数万円の請求……トラブル多発「24時間最大○○円」コインパーキングの落とし穴 (1/3)

「24時間最大○○円」などと書かれたコインパーキングの料金表示をめぐり、トラブルが多発している。24時間経過後は通常料金になるのにその表示がなかったり、不明瞭だったりして、高額の支払いを求められるケースが目立つ。

[産経新聞]
産経新聞

 「24時間最大○○円」などと書かれたコインパーキングの料金表示をめぐり、トラブルが多発している。目立つのは24時間経過後は通常料金になるのにその表示がなかったり、不明瞭だったりして、高額の支払いを求められるケースだ。中には、数千円と予想していたのに数万円を請求された−といった苦情も。トラブルを避けるため、どんな点に注意すればいいのか。(社会部 三宅陽子)

画像

高額請求の“からくり”

 「最大24時間2000円」。そう表示されたコインパーキングを見つけ、車をとめることにした。最大料金は繰り返し適用されると思い、3日間利用したら、請求されたのは想定していた金額(6000円)を大幅に上回る数万円。「24時間経過後は通常料金が加算される」との表示はなく、困惑している……。

 全国の消費生活センターには最近、こうしたコインパーキングの最大料金に関する苦情や相談が相次いでいる。平成28年度の相談件数は、確認できたもので151件に上った。

 消費者庁によると、多いのは「24時間最大○○円」などと書かれた表示に関する相談だ。コインパーキングの中には、最大料金の適用が「1度限りなのか」「24時間以降も繰り返されるのか」を表示していないケースもあり、消費者が知らないまま長期間利用して高額請求を受けるトラブルが目立つ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.