ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年01月22日 07時30分 公開

父親が誰かで生まれる前に中絶可能 歯ブラシや吸い殻でOK、男性の同意なく…… (1/3)

妊娠中の母親の血液から胎児と父親の親子関係をDNA鑑定する「出生前DNA鑑定」を行う業者が存在している。子供の父親が誰かによって中絶を選ぶことが可能。「命の選択につながる」と規制の必要を訴える声も。

[産経新聞]
産経新聞

 妊娠中の母親の血液から胎児と父親の親子関係をDNA鑑定する「出生前DNA鑑定」を行う業者が、昨年2月時点で少なくとも10社存在することが厚生労働省研究班(研究代表者=高田史男北里大教授)の調査で分かった。いずれの業者も人工中絶ができる妊娠22週前に結果が分かるとしており、生まれてくる子供の父親が誰かによって中絶を選ぶことが可能だ。研究班は「鑑定技術が生命の選択に関わる領域に進出し、規制を受けないまま事業を展開している」として、規制の必要性を訴えている。(社会部 道丸摩耶)

画像

料金は20万円前後

 研究班によると、業者が提供しているのは胎児のDNAが含まれる妊婦の血液と、父親と考えられる男性の口内の粘膜を送ってもらい、DNA検査で親子関係の有無を調べるサービス。料金は20万円前後で、一部の業者のホームページには「男性が使った歯ブラシやたばこの吸い殻からも鑑定可能」などと出ており、男性の同意なしに鑑定を行うこともできる。

 妊婦の採血は病院で行うが、採血のキットを送り近くの医療機関を紹介してくれる業者もあり、産婦人科以外で採取することが可能だ。研究班は「指先から自分で採った少量の血液で胎児の性別を調べる検査がすでに販売されており、今後は医療機関の関与がないまま採血し、親子鑑定できるようになる可能性もある」と指摘。鑑定結果がどこまで信頼できるかも不明だ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.