ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年01月25日 16時58分 公開

“座って帰りたい”に応える「拝島ライナー」 西武が3月運行開始

西武鉄道が有料座席指定列車「拝島ライナー」を3月10日から運行。座席指定料金は大人が300円(税込)。

[ITmedia]

 西武鉄道は1月25日、有料座席指定列車「拝島ライナー」を3月10日から運行すると発表した。座りたい乗客のニーズに応え、西武新宿駅〜拝島駅間(下りのみ)で夕方、夜間の帰宅時間帯に合わせて導入する。座席指定料金は大人が300円(税込)。

photo

 平日、土休日の午後6時〜午後10時台に1時間間隔で運行する。西武新宿駅は毎時15分発、高田馬場駅は毎時18分発。小平駅〜拝島駅間は各駅停車とし、小平駅から先の各駅で乗車する場合、座席指定券は不要。

photo

 通勤車両「40000系」のロング・クロスシート転換車両を利用する。電源コンセントを2席に1つ備える他、公衆無線LAN(SEIBU FREE Wi-Fi)も提供する。西武鉄道は、すでに40000系車両を活用した座席指定列車「S-TRAIN」を、所沢駅〜豊洲駅間、西武秩父駅〜元町・中華街駅間で運行している。

 通勤客向けの座席指定列車は、京王電鉄が「京王ライナー」(新宿駅〜橋本駅/京王八王子駅間)を2月22日から運行する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.