ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年01月26日 08時09分 公開

シャープ、「共同CEO」4人体制で後継育成 戴社長の“見る目”はいかに? (1/3)

シャープは1月から新しく共同最高経営責任者(CEO)体制を導入した。戴社長の後継育成を目的とした制度で、現職幹部3人が共同CEOに就き、戴社長を含めた4人体制でスタート。次期社長の育成につながるのか注目されている。

[産経新聞]
産経新聞

 シャープは1月から新しく共同最高経営責任者(CEO)体制を導入した。親会社の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業から派遣された戴正呉(たい・せいご)社長の後継育成を目的とした制度で、現職幹部3人が共同CEOに就き、戴社長を含めた4人体制でスタート。台湾企業では一般的な制度と言われるが、次期社長の育成につながるのか注目されている。(藤谷茂樹)

画像 東証1部復帰のセレモニーで鐘を鳴らすシャープの戴正呉社長。後継者を育成する制度がスタートした(佐藤徳昭撮影)

戴社長含め陣容4人

 シャープの共同CEO体制が初めて取り沙汰されたのは、昨年12月7日。1年4カ月ぶりに東証1部復帰を果たしたその日に、戴社長が記者会見で導入を表明した。そこから16日後の23日には陣容を正式に決め、1月1日から開始するスピード導入となった。

 共同CEOを務めるのは戴社長に加え、シャープ生え抜きで統轄管理本部長の野村勝明副社長、ソニー出身で欧州代表を務める石田佳久副社長、鴻海出身で中国代表の高山俊明代表取締役の計4人だ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.