Special
» 2018年02月16日 10時00分 公開

あなたに合う新「ThinkPad」はどれ? 2018年の“働き方改革”に効くレノボの提案

[PR/ITmedia]
PR

 2018年も「働き方改革」を課題に挙げる企業が増えそうだ。17年は大企業を中心に、仕事とプライベートの両方を充実させるワークライフバランスの改善や、時間や場所にとらわれない効率的な働き方としてテレワークのような取り組みが行われてきた。先行事例やノウハウが徐々にたまったことで、今後は中小企業などにもその波が広がるだろう。

 ワークスタイルや仕事に対する価値観が多様化する中、新しい働き方を実現するには最新のITツールが欠かせない。レノボ・ジャパンが提供するノートPC「ThinkPad」シリーズもその1つだ。同社は、社員がPCを持ち運んで使う頻度をもとに「フィールドワーカー」「モバイルワーカー」「ハイブリッドテレワーカー」「インターナルワーカー」の4つに社員のタイプを分け、それぞれの働き方に合った最適なデバイスを提案している。

photo

 2月1日に発表されたThinkPadの2018年法人向けモデルは、働き方改革に対応できる製品群として基本スペックが強化され、加えてスマートオフィス向け製品の新ブランド「ThinkSmart」も登場した。

 18年モデルはモバイルネットワークに接続できるLTE搭載モデルを拡充したほか、Windows 10の生体認証「Window Hello」が使えるIRカメラ、指紋認証、USB Power Delivery(USB PD)対応などテレワークで働く人に向けた機能を強化した他、プロセッサはクアッドコアとなった第8世代Core、液晶の明るさを追求できるインセル型のタッチパネル採用モデルなどを採用した。新しいドッキングステーションに対応した点も新しい。

大きく変化したXシリーズ 「X280」はX1 Carbonに近いスペックに

 頻繁にノートPCを持ち歩くモバイルワーカー向けに提案するのが「ThinkPad X1 Carbon」や「ThinkPad X280」だ。X1 Carbonはプロセッサ性能の強化とともに、作業効率の向上する高解像度・高輝度のHDR対応ディスプレイをオプションとして用意した。

photo 「ThinkPad X1 Carbon」
photo

 従来のX200シリーズは、携帯性に優れる12.5インチの画面サイズでありながら適度な拡張性を持っていたが、やや重く大きかった。X280では最小構成で重さ約1.13キロという軽量化と、厚さ約17ミリという薄型化を実現。バッテリーも60分で約80%まで充電できるファーストチャージに対応して使い勝手が上がっている。

photo 「ThinkPad X280」

 これまでのX200シリーズが抱えていた課題は、底面に備えていたドッキングステーション用接続端子を理由に薄型化が難しかった点だ。X280を含め、18年モデルのThinkPadは、端子を本体側面に統一することでスリムなボディーを実現した。

photo 新型ドッキングステーションはX1 Carbon、X280、T480s、T480、T580、L480、L580で共通。USB Type-C端子2つと専用端子の計3ポートで接続する
photo
photo ドッキングステーションの鍵を閉めればPC本体は取り外せなくなる。袖机にしまう必要が無くなるほか、管理者が遠隔でセットアップを行うといった運用も可能になる。こういった細やかな点が業務効率化、働き方改革につながるというのがレノボの考え方だ

 ThinkPadの特徴であるメンテナンス性も高められている。例えばキーボードの交換を行う場合、従来モデルは底面板を開けてネジを外す必要があった。X280は底面板を開けずに表面側から行える。キーボードはユーザーが交換しても保証対象外とならないのもThinkPadならではのメリットだ。ちなみに底面板のネジ本数は従来モデルから5本削減するなど、内部保守性も追求した。

photo 交換用キーボードを購入すると、表面側からキーボードを取り外せる工具が付属する
photo Webカメラ用のスライド式物理シャッターを搭載するモデルも

比較的大型のモデルでも持ち運びしやすい改良を施した

 可搬性と生産性のどちらも追い求めるハイブリッドテレワーカーには「ThinkPad T480s」と「ThinkPad L380 Yoga」が適している。T480sは前モデルから引き続き14型ディスプレイを採用し、時に社内のネットワークに接続できるよう有線LANポートを搭載する。グラフィック性能を求めるユーザー向けに「GeForce MX150」を搭載するオプションも用意する。

photo 「ThinkPad T480s」はモバイル、社内の両方で利便性のバランスをとった構成

 L380 Yogaは2in1のメインストリームモデルに位置付けられている製品だ。画面が回転するフリップ式を採用し、クラムシェルとタブレットのスタイルで使い分けられる。13.3型ディスプレイを採用しており、専用ペンデバイス「Active Pen Pro」を用いたペン入力にも対応する。

photo 「ThinkPad L380 Yoga」

 社内での持ち運びが多いインターナルワーカー向けには「ThinkPad L580」と「ThinkPad L480」が合う。この2つは15.6型と14型の大画面モデルとなる。これまで画面が大きなモデルは光学ドライブを搭載するものが少なくなかったが、L580では社内における持ち運びや、昨今の光学ドライブの使用頻度を考慮し、非搭載としている。そのため従来モデル比で5ミリの薄型化、380グラムの軽量化を実現した。

photo L580は15インチ、10キーパッド付きで可搬性を高めたところが特徴

 屋外や工場などさまざまな場所に持ち運んだり、タブレットスタイル+ペンを活用したりするフィールドワーカー向けには「ThinkPad X1 Tablet」がおすすめだ。2018年モデルはディスプレイサイズを12型から13型に大型化し、アスペクト比が3:2の3K(3000×2000ピクセル)IPSタッチディスプレイを採用した。

 キーボードも新デザインとなり、キーピッチは19.05ミリ、さらにクリックパッドは大型化しながらもクリック音を静音化し、表面コーティングも改良したという。インテルとの協業によって全体の発熱と冷却をソフトウェア/ハードウェア両面から改良しており、使用中の発熱を抑えたという。

photo X1 TabletはX280に次いで大幅な変更があった。画面サイズが大きくなり、キーボードも改良している

スマートなビデオ会議を実現する新ブランド製品「ThinkSmart Hub 500」

 ThinkPadの2018年法人向けモデルと共に登場した「ThinkSmart」は、小規模なビデオ会議を支援する用途特化型デバイスの新ブランドだ。今後、働き方改革が進んでテレワークを行う社員が増えれば、さまざまな場所でビデオ会議を行う機会が増える。

 ビデオ会議を行うためには、ビデオ会議用アプリケーションの接続設定や、オンラインスクリーン上にPCの画面を表示する設定など、それぞれのPCで行う準備も増える。そうした設定に手間取る無駄な時間を減らし、スマートにビデオ会議を始められる──まさに働き方改革実現に直結するのが「ThinkSmart Hub 500」である。

photo 外観はPCらしさの少ないキオスク風端末。タッチ操作と専用UIで、簡単にビデオ会議に接続、オンラインスクリーンの出力設定・切り替えができる

 ThinkSmart Hub 500は、タッチスクリーンと全方位集音マイク、スピーカー、HDMI入出力ポートを備えたキオスク風端末で、小規模なミーティングルームなどに設置して「Skype for Business」を使える。タッチスクリーン上には専用のユーザーインタフェースを表示し、会議への参加などが簡単なタッチ操作で行える。オンラインスクリーン上にPCの画面を表示するには、対象のPCとThinkSmart Hub 500をHDMIケーブルで接続するだけだ。

 オンラインスクリーン上に映し出すPCの画面切り替えも、シンプルにケーブルをつなぎ替えるだけで済む。つまり、伝統的な会議の手順で、遠隔地と結んだビデオ会議が行える。

“働かせ方改革”になっていないか

photo レノボ・ジャパンの留目真伸社長

 「働き方改革は、ワークライフバランスを変えればいいというものではない。今の働き方改革は“働かせ方改革”になっていないか」──レノボ・ジャパンの留目真伸社長は、現状の課題感を問いかける。

 働き方改革の前段として、自社だけでなく他社を巻き込んで業務課題を解決するソリューションを展開することが重要で、外に出る営業だけでなく、開発業務や社内業務を行うメンバーも、社内に閉じこもらずに外へ目を向けていくことが働き方改革の本質であるというのが留目社長の考えだ。

 レノボ・ジャパンはハードウェアメーカーとして、多様化する働き方や価値観に対して多様なツール、多様な「ThinkPad」を提供する。あなたもThinkPadとThinkSmartの組み合わせで、新しい働き方を当たり前の存在にできる環境を整えてみてはいかがだろうか。

Amazonギフト券プレゼント! アンケート実施中

本記事に関連して「働き方改革」についてのアンケートを実施しています。

アンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で3名様に【Amazonギフト券5,000円分】をプレゼントいたします。所要時間は3分程度ですので、ぜひご協力くださいませ。
アンケートはこちらから!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia NEWS編集部/掲載内容有効期限:2018年3月18日

関連リンク

アンケート実施中

ITmedia NEWSでは、「働き方」に関するアンケートを実施中です。アンケートにお答えいただいたいた方から、抽選で3名様にAmazonギフト券5,000円分をプレゼントします。ぜひアンケートにご協力ください。