ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年02月19日 08時03分 公開

勤務先スーパーコンピュータで仮想通貨採掘 ロシア核研究施設の職員ら逮捕

マイニングに使われたのはロシア最大の核研究施設内のスーパーコンピュータだった。

[AP通信]

 ロシア最大の核研究施設に勤務する2人の職員が、施設内のスーパーコンピュータを使用して仮想通貨のマイニング(採掘)を試みたとして逮捕された。

 ロシアの複数の通信社が2月9日に報じたところによると、ロシア連邦核センターはこの逮捕について認めているという。ただし、2人の職員がこのコンピュータの不正利用によって実際に通貨を手に入れたかどうかは報道では定かではない。仮想通貨のマイニングとは、コンピュータを使って複雑な数学的問題を解くことによって、取引が正しく行われたことを検証し、報酬として仮想通貨を受け取る行為のことだ。

photo ロシア連邦核センター(Image via Federal Nuclear Centre)

 ロシア連邦核センターは、モスクワの約400キロ東に位置する閉鎖都市サロフにある核兵器の研究開発施設。

 ロシアの通信社InterfaxとRIA-Novostiによると、同センターは2人の職員が恐らく刑事告訴されることになると述べているという。具体的な罪状は明らかにされていない。

photo 仮想通貨マーケットプレースの一例(Image via NiceHash)

Copyright 2018 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.