ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年02月21日 18時37分 公開

ドローンの安全運用、携帯電話網で手助け 法人向け「docomo sky」始動

ドコモが、法人のドローン運用をサポートする「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発。ドローンが携帯電話網と接続し、遠隔地から自動飛行が可能。

[ITmedia]

 NTTドコモは2月21日、法人向けに、ドローンの運用をサポートする「ドローンプラットフォーム docomo sky」を発表した。ドローンがドコモの携帯電話網(セルラーネットワーク)に常時接続し、位置情報などを把握しながら自動飛行が可能。ドローンの機体情報やカメラ映像をリアルタイムで取得し、ネット上で管理できる。

photo

 あらかじめ地形や気象、飛行禁止区域などを基に飛行ルートを作成し、ドローンに設定しておくと、遠隔地から複数台のドローンを自動飛行させることが可能。それぞれの位置情報を一元管理し、空中衝突などのリスクを検知、安全を確保するという。

 ドローンが撮影した動画・画像データ、飛行記録は、ドコモが提供するクラウド上で一元管理。取得したデータを分析し、レポートを自動作成するサービスも用意する。

photo

 ドコモはこれらの仕組みを企業に提供し、サービスへと活用してもらう考え。第1弾として、ドローンが太陽光発電のソーラーパネルを自動点検するサービスを、2018年3月に南国殖産(鹿児島市)を通じ、グループ企業である九州おひさま発電の日置発電所(同市)に試験導入する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.