ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年03月08日 07時06分 公開

営業マンや軽貨物ドライバーもクラウドソーシングで……進む多様化・専門化 (1/3)

クラウドソーシングが発展する中、資格保持者などセミプロが一定以上の品質を担保する高付加価値型のクラウドソーシングが相次いで登場している。

[SankeiBiz]

 人手不足に悩む企業と、専門分野に強い個人事業主などとをインターネット経由でマッチングさせる「クラウドソーシング」の利用が進んでいる。こうした動きに伴って顕在化しているのが、納品された制作物の品質が発注者の想定より低く、修正のためのコストや労力が余分にかかるというトラブルだ。こうした課題を解消するため、資格保持者などセミプロが一定以上の品質を担保する高付加価値型のクラウドソーシングが相次いで登場している。

画像 ネーティブレベルの翻訳者が24時間、ウェブ上でサービスを展開する翻訳プラットフォーム「Gengo」

翻訳者2万人活用

 翻訳プラットフォームを運営するGengo(ゲンゴ、東京都渋谷区)は、世界中に2万2000人の翻訳者を抱え、37カ国語に対応している。翻訳者はネーティブレベルの語学力が必要で、採用者の合格率は5%以下と人材を厳選。翻訳文は同社がダブルチェックすることで、高い水準を維持している点が売り物だ。

 また、ウェブの特徴を生かし時間や曜日に関係なく仕事を受けるので、A4版半分ほどの短い文章の場合、発注から平均3時間ほどで翻訳が完了する。料金は通常、A4版1枚の文章で5000円以上かかるが、同社は独自技術によって効率化するとともに、世界中の翻訳者を活用することによって約2000円で請け負う。例えば、金曜日の夜に発注し、最短で翌日受け取ることも可能だ。

 質とスピードに対する評価は高く、ソニーや楽天、旅行代理店大手のJTB、米民泊仲介サイト大手エアビーアンドビーなどが導入している。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.