ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年03月08日 07時11分 公開

“洗濯家電”続々 ハンガーで脱臭、クローゼットで花粉落とし…… (1/3)

洗濯機の機能を補足する“洗濯家電”が続々と登場している。染み抜き、襟や袖の皮脂汚れを落とすスティック型のハンディ洗濯機、衣類をかけるだけで臭いやしわを取り除くクリーニング機など、品ぞろえは豊富だ。

[産経新聞]
産経新聞

 洗濯機の機能を補足する“洗濯家電”が続々と登場している。染み抜き、襟や袖の皮脂汚れを落とすスティック型のハンディ洗濯機、衣類をかけるだけで臭いやしわを取り除くクリーニング機など、品ぞろえは豊富だ。国内の洗濯機販売が低迷する中、各社は市場を盛り上げようと知恵を絞っている。(藤谷茂樹)

事前洗いで節水

画像 独自のアイデアが詰め込まれた洗濯家電。パナソニックが販売する脱臭ハンガーと衣類スチーマーも人気だ=大阪市北区のヨドバシカメラマルチメディア梅田
画像 クローゼット型の「LGスタイラー」。ハンガーの振動などで衣類に付いた臭いやしわ、花粉などを落とす=大阪市北区のヨドバシカメラマルチメディア梅田

 中国ハイアールグループのアクアが平成27年に発売した「コトン」(税抜き市場想定価格は1万円)は、スティック型のハンディ洗濯機として注目を集めた。洗濯機の洗いでは残ってしまう染み汚れを、コトンを使って事前の部分洗いで落とすことで洗濯回数を減らし、節水を実現するというコンセプトから生まれた。

 シャープも28年9月にハンディ洗濯機「超音波ウォッシャー」(同1万5千円前後)を発売した。染み抜き、シャツの襟や袖の皮脂汚れを毎秒3万8千回の超音波振動で泡立てて落とす仕組みで、国内に限らず、中国、インドネシア、マレーシアなど海外6カ国でも展開。発売から1年で15万台を売り上げたという。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.