ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年03月12日 06時59分 公開

高層ビル襲う長周期地震動 AI、スパコン活用……震災教訓に対策強化 (1/3)

東日本大震災で都心などの高層ビルに大きな揺れをもたらした「長周期地震動」。対策が強化されており、人工知能などを使って揺れを減らす新たな研究も始まった。

[産経新聞]
産経新聞

 東日本大震災で都心などの高層ビルに大きな揺れをもたらした「長周期地震動」。教訓を南海トラフ地震に生かそうと対策が強化され、人工知能(AI)などを使って揺れを減らす新たな研究も始まった。(伊藤壽一郎)

共振で揺れ増幅

 地震が起きると、さまざまな周期の揺れ(地震動)が発生する。周期とは揺れが1往復する時間のことで、これが2秒程度より長いものを長周期地震動という。

 ゆっくりとした大きな揺れで、地震の規模が大きいほど発生しやすい。短い周期の揺れより衰えにくく、遠くまで伝わりやすいのも特徴だ。

画像 超高層ビルを襲う揺れ
画像 東日本大震災の激しい揺れで室内の棚が倒れるなどした東京・新宿の超高層ビル=2011年3月11日(工学院大提供)

 ビルには揺れやすい固有の周期があり、これが地震動の周期と一致すると「共振」という現象で揺れが大きくなる。ビルの周期は主に高さで決まり、10階建てで0・6〜1・0秒、高さ100メートルの超高層ビルで3秒程度。高いビルほど長周期地震動で大きく揺れるのは、このためだ。

 大震災では震源から約400キロの東京の超高層ビルが大きく揺れた。約700キロ離れた大阪市でも超高層ビルの高さ約220メートルの最上階が約10分間、最大で左右に計2・7メートルの幅で揺れ、防火扉などが破損した。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.