ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2018年03月12日 13時15分 公開

卵をつかみ、片手で2キロのボトルを持ち上げるロボット「MELTANT-α」発表

メルティンMMIは、パワフルで細かな動きができる「手」が特徴のロボット「MELTANT-α」を発表した。

[太田智美,ITmedia]

 生体信号やロボットの研究開発を行うメルティンMMI(東京都新宿区)は3月12日、遠隔操作型ロボットのコンセプトモデル「MELTANT-α」(メルタント・アルファ)を発表した。パワフルで細かな動きができる「手」が特徴だという。


MELTANT

MELTANT

 MELTANT-αは、人の手の構造を模倣したワイヤ駆動により、片手で2キロのボトルを持ち上げられる。両手であれば、4キロ以上の物体を支えられるという。また、従来の技術では難しかった制御を可能にし、独自の制御アルゴリズムにより、卵を割らずにつかんだり、ペットボトルのキャップを開けたりといった動作も可能としている。


MELTANT

MELTANT

 これらの技術は、人の身体(特に筋肉と腱の構造)を徹底的にリサーチすることで実現。人の手は、複数の筋肉群が複数の関節を動かすことによって動作することから、その複雑な動作をワイヤ駆動によって再現したという。サイズや重さは、ほぼ人の手と同じ。

 さらに、1万8900キロ離れた場所からの遠隔操作も実証済み。人の手の動作速度をほぼ遅延なく再現し、力覚をフィードバックすることで力加減も調整もするという。


MELTANT

 同社は、MELTANT-αをベースに、ハンド単体、ハンド付きアーム、全身の3プロダクトを展開。危険環境(災害、高所、高温、水中、化学・生物・放射能汚染、爆発物除去)、極限環境(宇宙、深海)、リモートワーク(遠隔勤務、アバター出張、夜間警備)、観光・エンタメ、農林水産・食品・物流(農作物収穫、魚介類捕獲、加工、ピッキング)、医療・福祉(介護、アバター外出、遠隔手術)などでの活用を想定している。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.