ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年03月29日 07時36分 公開

日本も求められる決済の“おもてなし” 平昌五輪で感じた韓国「キャッシュレス社会」 (1/2)

平昌五輪を現地で取材した。日本人として驚いたのは、クレジットカードや電子マネーの普及ぶりだ。

[SankeiBiz]

 2月に韓国で開かれた平昌五輪を現地で取材した。期間中は五輪会場だけでなく、韓国の「日常」を感じようと地元の街を歩くように努めたが、日本人として驚いたのは、クレジットカードや電子マネーの普及ぶりだ。

画像 平昌五輪の開会式で、上がる花火=2月9日、韓国・平昌五輪スタジアム【拡大】

 日本でも普及してきてはいるが、訪日観光客が必ず利用する飲食店やタクシーでは「カード不可」というケースは少なくない。カードを通す機械はあっても使い方を知らず、カード払いの希望を伝えても「現金で支払って」と平気で言うタクシー運転手もいる。

 だが、韓国ではどんなに小さな飲食店でも、個人運営のタクシーでも、カードが使えないことは一度もなかった。韓国語が分からない外国人でも数字だけは分かるため、ぼったくりなどトラブル防止になって安心感もあり、決済で不便を感じることはなかった。

 JCBの調査では、日本の平成29年度カード保有率は85.1%で、平均保有枚数は3.2枚。だが、別の調査では、国内の決済方法は「現金」が8割弱と大半を占める。一方の韓国では、カード・デビットなどの「キャッシュレス決済」は約6割にのぼる。同傾向にある中国では財布を持たずにスマートフォンで決済する人が急増中だ。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.