ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年03月30日 07時01分 公開

楽天、携帯月額4000円 大手3社より3割超安

楽天が参入を目指している携帯電話事業の計画の概要が判明した。月額約4000円とMVNOに近い価格帯で提供し、動画配信など楽天の各種サービスと連携した割引で利用者を集める。

[産経新聞]
産経新聞

 楽天が参入を目指している携帯電話事業の計画の概要が29日、判明した。通信サービスなどは既存の携帯電話大手3社の平均的な月額負担より3割以上安い月額約4千円で提供。格安スマートフォンに近い料金設定と、動画配信など楽天の各種サービスと連携した割引で利用者を集め、平成31年のサービス開始から3、4年後の黒字化を狙う。

 楽天は2月に総務省に申請した第4世代(4G)移動通信方式向け電波の新規割り当て計画書にも、こうした料金プランや黒字化時期などを明記。総務省の電波監理審議会が計画書を審査しており、30日にも新規事業者として楽天を認可する見通しだ。

 関係者によると、携帯大手3社の一般的なスマートフォン利用者が毎月、端末代金や通信利用料などで支払う金額は6千〜7千円程度。楽天は、そこから2千円以上安い約4千円を主要な料金プランに設定することで、格安スマホ利用者が支払っている毎月2千〜3千円にも対抗できると判断した。4千円を超えるプランや下回るプランも、毎月のデータ通信の利用量などに応じて設定する。

 楽天のクレジットカードでの支払いによる携帯電話料金の割引や、動画配信など楽天の各種サービスの携帯電話利用者向け割引なども実施。「3、4年後に数百万契約を獲得して黒字化を達成できる」(幹部)青写真を描く。

 一方で、37年までに最大で6千億円を投資する設備投資計画については、既に東京電力や関西電力、中部電力の鉄塔や電柱を借りて基地局を設置する契約を締結しているが、都市部ではオフィスビルなどの高層建築物に小型の基地局を設置することでコストを削減する考えだ。

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.