ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年04月03日 07時08分 公開

メンツ重視、最後まで「制御不能」明言せず 中国の宇宙実験室、大気圏再突入 「地上への損害確認されず」 (1/2)

中国初の無人宇宙実験室「天宮1号」が南太平洋の上空で大気圏に再突入した。ほとんどすべての部品が再突入の際に燃え尽きたとしている。「地上への損害は現在確認されていない」という。

[産経新聞]
産経新聞

 【北京=西見由章】中国有人宇宙プロジェクト弁公室は2日、中国が独自の有人宇宙ステーション建設に向けて打ち上げた初の無人宇宙実験室「天宮1号」が同日午前8時15分(日本時間同9時15分)ごろ、南太平洋の上空で大気圏に再突入したと発表した。ほとんどすべての部品が再突入の際に燃え尽きたとしている。中国外務省の耿爽報道官は2日の記者会見で、「地上への損害は現在確認されていない」と語った。

画像 中国の宇宙実験施設「天宮1号」のイメージ(中国有人宇宙プロジェクト弁公室提供)
画像 ドイツにあるレーダー施設で1日、高度約160キロを飛行する天宮1号を捉えた画像(フラウンホーファー高周波物理・レーダー技術研究所のツイッターから)

 欧米の専門家らは、天宮1号が制御不能のまま大気圏に突入し、落下地点をコントロールできなかったと分析しているが、中国当局は最後まで制御の可否について明言しなかった。任務の成功を国内外にアピールし、メンツを保つ意図があるとみられる。

 同弁公室は再突入直前の2日朝の時点で、落下地点を南米ブラジル沖の大西洋付近と予測。一方、米政府と宇宙事業を展開している非営利団体「エアロスペース・コーポレーション」は、南米大陸沖の南太平洋と予測していた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.