ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年04月05日 07時23分 公開

アクアライン239キロで爆走、YouTube投稿 「再生数稼ぎたくて」 県警が景色で場所特定し執念の摘発 (1/3)

「東京湾アクアライン」を時速239キロで走行したとして、千葉県柏市の男性会社員(33)が書類送検。「最高速テストをすれば、YouTubeで多くの再生数や“いいね”を稼ぐことができると思った」と、動機を語っているという。

[産経新聞]
産経新聞

 千葉県木更津市から東京湾を横断して神奈川県川崎市に至る高速道路「東京湾アクアライン」を時速239キロで走行したとして、千葉県柏市の男性会社員(33)が道交法違反(速度超過)の疑いで千葉地検に書類送検された。国内で過去最高速度での摘発となった“爆走”の動機は、捜査関係者があきれかえるほど身勝手なものだった。

画像 男性会社員が時速279キロで走行した大型バイク「トライアンフ デイトナ675SE」=3月23日、千葉市稲毛区の県警高速隊(永田岳彦撮影)
画像 書類送検された男性会社員の投稿動画にあった時速279キロを記録したメーターの画像データと撮影に使用した機材=3月23日、千葉市稲毛区の県警高速隊(永田岳彦撮影)
画像 男が時速279キロで走行した大型バイク「トライアンフ デイトナ675SE」。機材を使用してメーターを撮影していた=23日、千葉市稲毛区の県警高速隊(永田岳彦撮影)

 男性は昨年5月24日午前3時50分ごろ、木更津市の東京湾アクアライン上り線をオートバイで走行中、法定速度(80キロ)を159キロ超過したとされている。

 男性が使用したのは、英国の老舗メーカー、トライアンフ製のスポーツバイク「デイトナ675SE(スペシャル・エディション)」(排気量670cc)。トライアンフらしい水冷DOHC3気筒エンジンを搭載したモデルで、その独特なメカニズムなどから人気が高い。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.