ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年04月12日 08時17分 公開

ペンライト「キンブレ」にそっくり? 製造メーカーが提訴 コンサートの“定番商品”混同に危機感 (3/3)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2|3       

 寝具メーカーのエアウィーヴが、自社製造のマットレスなどと類似した商品の販売で商標権を侵害されたとして、2社に販売差し止めなどを求めた訴訟では、平成26年に名古屋地裁で和解が成立。2社が類似商品の販売を打ち切ることで合意した。

 「無印良品」のブランドで生活雑貨を扱う良品計画が、類似した棚を販売しているとしてホームセンター大手のカインズに商品の廃棄と販売差し止めを求めた訴訟でも、1、2審とも廃棄と販売差し止めを命じている。

 キンブレの訴訟も、人気商品なだけに注目を集めそうだ。

 キンブレは、平成24年の発売から昨年までに約243万個を売り上げた。通販サイト「アマゾン」では27年に「コンサートやライブでの定番商品」と紹介され、28年の売れ筋ランキングでシリーズの1種が人気アニメ「妖怪ウォッチ」グッズを上回る、おもちゃ総合部門1位となった。

 原告補佐人の白坂一弁理士は「キンブレはコンサートでのペンライト文化を盛り上げた先駆け的存在」とし、「類似品と混同されれば商品ブランドが傷つき、契約先の信用まで損なう恐れがある」と訴える。

 販売差し止めが認められるかどうか−。東京地裁での第1回口頭弁論は、今月27日に開かれる予定だ。

前のページへ 1|2|3       

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.