ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年04月12日 08時41分 公開

「ID婚活」行政が人工知能とビッグデータで縁結び、結婚900組成立 愛媛県 (1/2)

行政が紡ぐ「赤い糸」――愛媛県の「えひめ結婚支援センター」による婚活事業は、人工知能と蓄積されたユーザーデータを使い、相手を幅広く選べるシステムも導入し、約900組で結婚が成立した。

[産経新聞]
産経新聞

 行政が紡ぐ「赤い糸」−。愛媛県の「えひめ結婚支援センター」(松山市、 https://www.msc-ehime.jp/ )による婚活事業が好評だ。人工知能(AI)と蓄積された利用者のデータを使い、相手を幅広く選べるシステムも導入し、結婚が成立した組み合わせは約900組。婚活事業に取り組む団体などの視察が相次ぎ、同システムを導入した自治体は10を超えている。

画像 愛媛県の「えひめ結婚支援センター」( https://www.msc-ehime.jp/ )

まるで「ID野球」

 センターは県が未婚・晩婚化対策として平成20(2008)年11月に設立し、県法人会連合会に運営を委託。今年1月までに延べ約7300組のお見合いをお膳立てした。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.