ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月24日 07時33分 公開

弘兼憲史、パナソニックを語る 島耕作の原点「3年経験で35年、松下のおかげ」 (1/3)

「島耕作シリーズ」作者の弘兼憲史さんは、パナソニックが松下電器産業だったころ、3年間の勤務経験がある。会社員時代のエピソードから、日本家電業界の現状分析、パナソニックの将来への提言を聞いた。

[産経新聞]
産経新聞

 人気漫画「島耕作シリーズ」を描く漫画家の弘兼憲史さん(70)は、今年3月で創業100年を迎えたパナソニックが松下電器産業だったころ、3年間の勤務経験がある。同社の創業者、松下幸之助の考え方について「今の僕にも浸透している」と漫画家活動に影響を与えたことを明かした。会社員時代のエピソードから、日本家電業界の現状分析、パナソニックの将来への提言を聞いた。(藤谷茂樹)

画像 人気漫画「島耕作シリーズ」を描く漫画家の弘兼憲史さん。松下電器時代の経験がストーリーのモデルになっているという=東京都文京区(佐藤徳昭撮影)

 「たった3年間の経験から35年も続いている。それも、みんな松下電器のおかげです」。昭和58(1983)年から現在も連載が続く「島耕作」シリーズ。大手電器メーカーに入社したサラリーマンが数々のトラブルを克服しながら出世していくストーリーのモデルは、松下電器での会社員経験だ。

 松下電器には昭和45年に入社し、販売助成部に配属された。在籍時、幸之助は会長から相談役となり「社内の廊下ですれ違うときは直立不動になって、会釈していた」。販売店が得意先に配るカレンダーを作成した際、「見本刷りを見せて幸之助さんの許可をもらうが、『これはあんま好かんな』と言われて、部長が青い顔になり、差し替えで大変なことになった」という思い出もある。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.