ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年04月24日 07時36分 公開

「メガドライブ」復活へ 「ドリキャス」は困難か (1/3)

セガが家庭用ゲーム機に再参入。「メガドライブミニ」を年内に発売する。一方、自虐テレビCMで一世を風靡したドリキャスはどうなるのか。セガの松原健二社長への取材から可能性を探った。

[産経新聞]
産経新聞

 「SG−1000」に始まり、「ドリームキャスト」で終わったセガゲームス(旧セガ・エンタープライゼス)の家庭用ゲーム機−。セガが、平成13年に撤退した家庭用ゲーム機への再参入に踏み切る。任天堂の「スーパーファミコン」とゲームファンを二分したセガの「メガドライブ」の復刻版「メガドライブ ミニ(仮称)」を年内に発売する予定という。一方、「セガなんてだっせーよな」「(ソニーの)プレステ(プレイステーション)の方が面白いよな」という自虐テレビCMで一世を風靡(ふうび)したドリキャスはどうなるのか。セガの松原健二社長への取材から可能性を探った。

画像 インタビューに応じるセガゲームスの松原健二社長=3月13日、東京都港区
画像 セガの家庭用ゲーム機「メガドライブ」
画像 セガの最後の家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」

 「ハードウエア(ゲーム機)のご要望を特に日本でいただいているので、今後考えていきたい。調整があるので少しお待ちください」

 松原氏は、過去のゲームタイトルをどう活用するかという記者の質問に対し、「新しいゲームタイトルと古いタイトルのバランスが大事」とした上で、家庭用ゲーム機復活の可能性についてこう打ち明けた。

 その上で、台湾のメーカーがセガから公式に認定を受けて発売しているメガドライブの復刻版「セガジェネシスフラッシュバック」について言及。「世界中で販売されており、ドイツではゲームショップに普通に置いてあってクリスマスの時期でも売れている。ゲーム機の形自体は昔のままだが、中の基板は今の技術なので本体は軽い」と説明した。一方、ソフトの販売と比べた場合、ハードの販売には、在庫の管理や流通、保守といった課題があることも付け加えた。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.