ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年05月11日 06時34分 公開

平成30年史 デジタルが変えた文化(2):YouTube 「ダンシング・ヒーロー」再評価のなぜ (1/4)

荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が昨年、再評価された。紅白では、ボディコン衣装で激しいダンスを披露する女子高校生たちと共演。今、“バブリーダンス”に注目が集まるのはなぜか。

[産経新聞]
産経新聞

 バブル時代を思い起こさせる赤や黄、青や緑などのカラフルなボディコン衣装にロングヘアで息のあった激しいダンスを披露する女子高校生たち。同じステージ上で、歌手の荻野目洋子が軽快にステップを踏みながら、ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」を熱唱した。

画像 昨年の「第59回 輝く!日本レコード大賞」の一場面。歌手の荻野目洋子と大阪府立登美丘高校ダンス部が共演した=2017年12月30日(撮影・吉澤良太)

 昭和の出来事ではない。昨年12月30日にTBS系で放送された「第59回 輝く!日本レコード大賞」の一場面だ。荻野目が昭和60年に発表した大ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」がリバイバルヒットしたのだ。昨年8月に行われた「日本高校ダンス部選手権」では、この曲に合わせて大阪府立登美丘高校ダンス部が軽快なステップを披露し、準優勝を獲得。動画も支持を集めて昨年10月2日付のビルボードジャパン週間国内チャートで2位に輝いた。

 カラオケでも人気が出ていて、市場調査会社「オリコン」によると「ダンシング・ヒーロー」が週間カラオケランキング(1月1〜7日集計)で初の1位を獲得した。

■ ■ ■

 キレのある動きなど、ダンスとしての完成度が高いこと以外にも“バブリーダンス”に注目が集まるのには理由がありそうだ。

 「1980〜90年代前半の音楽を復活させようという動きが、ここ数年で顕著になっている。当時の音楽が格好良く感じられるような時代になった」

 こう語るのは、ビルボードジャパンのヒット曲の集計を行っている「阪神コンテンツリンク」のビルボード事業部担当部長、礒崎誠二(49)だ。「ダンシング・ヒーロー」はいつの間にか盆踊りの曲としても定着していて、復活の兆しはあったという。礒崎は「楽曲の力強さに加えて、今の流行の音楽にも合致した。だから、再評価されたのだろう」と分析する。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.