ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年05月14日 06時39分 公開

平成30年史 デジタルが変えた文化(3):Instagram 「映える」のはどんな写真か (1/3)

「インスタ映え」が昨年の流行語・新語に選ばれた。数ある写真の中で「映える」というのは、どんな写真なのだろうか――。

[産経新聞]
産経新聞

 「インスタ映え」。昨年の流行語・新語に選ばれたこの言葉は、社会現象としても注目されたが、写真文化の大きな変化も示している。

 インスタグラムという写真共有アプリで、自分が撮った写真をネットで公開する。すると友人知人がほめてくれる。フォロワーが増えもする。そうした良い反応が期待できる「見栄えの良い」写真を撮る行動や願望が「インスタ映え」。

画像 東京都写真美術館のように写真を扱う美術館やギャラリーが増えた

 それぞれが画面に独特の工夫を凝らし、表現したいイメージを求めて特定の場所に足を運んだりする。それは「作品づくり」と呼んでいいだろう。カメラを趣味にする人やプロの写真家の仕事だったことを、誰でも日常的にやる時代になったのだ。

 では、数ある写真の中で「映える」というのは、どんな写真なのだろうか−。そもそも写真を読み解く力(リテラシー)がないと「映える」「映えない」という判断はできないはず。そして、思い浮かべたイメージをうまく構成する技術と機材がなければ、撮ることもできない。

■ ■ ■

 元号が昭和から平成に変わるころ、写真を美術作品として扱う美術館が相次いでオープンした。昭和63年に川崎市市民ミュージアム、平成元年に横浜美術館が登場し、2年に東京都写真美術館=が一部開館。同じように写真を売買するギャラリーも増えていった。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.