ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年05月14日 06時43分 公開

資金調達「最速」の4分30秒で完了 日本初運賃無料“タクシー”運行会社 (1/2)

「15歳起業」の若手実業家が立ち上げる運賃無料の配車・運行サービス会社「nommoc」による株式投資型クラウドファンディングでの資金調達が、開始からわずか4分30秒という過去最速で完了した。

[産経新聞]
産経新聞

 「15歳起業」の若手実業家が立ち上げる運賃無料の配車・運行サービス会社「nommoc(ノモック、福岡市)」による株式投資型クラウドファンディングでの資金調達が、開始からわずか4分30秒という過去最速で完了したことが13日、分かった。(大塚昌吾)

画像 ノモックの無料配車サービスのイメージ広告

 今回の資金調達は、日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスの「FUNDINNO(ファンディーノ)」で8日夜募集が開示され、12日夜に行われた。

 ノモックは、最年少社長として大型イベントなどでの映像演出を手がける「セブンセンス」を設立した吉田拓巳氏(22)が、平成31年3月から手がける日本初の無料配車・運行サービスということで注目を集め、募集開始から4分30秒で調達目標額の上限の5000万円に達した。目標の下限の1600万円にはわずか52秒だった。個人投資家の一人当たり投資額は50万円まで。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.