ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年05月18日 07時05分 公開

東芝メモリの売却が確定 中国当局の独禁審査通過 (1/2)

経営再建中の東芝は17日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却手続きに必要な各国の独占禁止当局の承認を全て取得したと発表した。最後に残っていた中国の独占禁止当局の審査が承認された。

[SankeiBiz]

 経営再建中の東芝は17日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却手続きに必要な各国の独占禁止当局の承認を全て取得したと発表した。最後に残っていた中国の独占禁止当局の審査が17日に承認され、米投資ファンド「ベインキャピタル」を軸とした「日米韓連合」へ総額2兆円で売却することが確定した。東芝は喫緊の課題だった東芝メモリ売却で得る資金を使い、再成長への投資を加速する。

画像
画像 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の四日市工場=三重県四日市市

 17日に中国当局からベインキャピタルに対し承認するとの通知があり、これで東芝メモリ売却の前提条件が満たされた。日米韓連合は今後、資金の払い込みを行い、6月1日に売却は完了する見通し。東芝は売却後も東芝メモリの40%程度の株式保有を継続する。

 東芝は、平成29年9月、東芝メモリを日米韓連合に総額2兆円で売却する契約を結んだ。しかし、中国当局が昨年12月に始めた審査が長引き、審査の最終期限が今月28日に迫っていた。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.