ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年05月30日 07時10分 公開

年収2200万円、家賃光熱費タダでも集まらず! 医師公募断念した青森・深浦町「最後の一手」 (1/3)

青森県深浦町が医師不足の深刻さに改めて直面した。町営の診療所に勤務する医師を破格の条件で公募したものの、1人も採用することができないまま公募を断念。最低限の1人を確保するため町が打った窮余の「一手」とは!?

[産経新聞]
産経新聞

 過疎地の医師不足が叫ばれる中、青森県深浦町が医師不足の深刻さに改めて直面した。町営の診療所に勤務する医師を3年がかりで破格の条件を提示して公募したものの、結局、1人も採用することができないまま公募を断念したのだ。最低限の1人を確保するため町が打った窮余の「一手」とは!?。

画像 海と山に囲まれ、のどかな風景が広がる深浦町だが、町民の命を守る医師不足は切実な問題だ
画像 地域医療の要として6月1日から開業する深浦診療所

医師1人のまち

 青森県西南部の秋田県境に位置する深浦町は、西が日本海に面し、東は世界遺産「白神山地」に連なり、のどかな風景が広がる。人口8300人余(4月末)の、この町には平成25年度まで町営の2つの診療所に3人の医師が勤務していたが、2人が退職した26年度からは69歳の常勤医が1人。唯一、残っていた民間病院も昨年3月に閉院し、町内の医師は正真正銘1人となり、町では医師確保が喫緊の課題となっていた。

 南北約60キロの幹線道路沿いに集落が点在する地理的ハンディを克服し、充実した医療を提供しようと、町は平成27年、新診療所整備基本プランを策定。町中心部の高台に医師が複数勤務する新たな公立診療所の整備を打ち出した。この「深浦診療所」は同町広戸地区で建設が進んでおり、6月1日に開業する予定だ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.