ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年06月05日 07時18分 公開

Facebookは「信頼できない」けど「やめられない」 不祥事受け、米国民の反応は (1/4)

Facebookが個人情報流出問題で揺れている。米国では規制を求める声が噴出しているが、米社会では職場の同僚から友人関係までFacebookでのつながりが浸透。流出の「被害者」である利用者でさえ「手放せない」と語る。

[産経新聞]
産経新聞

 世界で20億人超の会員を抱える米交流サイト大手のフェイスブック(FB)が、個人情報流出問題で揺れている。米国ではFBのずさんな管理に批判が高まり、規制を求める声が噴出しているが、米社会では職場の同僚から友人関係まで、FBでのつながりが浸透。流出の「被害者」である利用者でさえ「手放せない」と語るなど、不祥事を受けても深刻なFB離れが起きていない米社会の深層に迫った。(ニューヨーク 上塚真由)

× × ×
画像
画像

 2014年6月。バージニア州に住むクリストファー・ディーソンさん(27)は、ネットの求人サイトにあった性格診断のクイズアプリを見つけた。クイズに答えると数ドル程度の報酬がもらえるため、以前から何度も同様のアプリを使っていたという。

 「何の違和感もなかった」。FBのアカウントを使ってアプリにアクセスすると、自身だけでなく「友達」登録していた205人分の名前や生年月日、位置情報、電話番号などの個人情報が吸い取られた。

 こうした情報はアプリの開発者である英ケンブリッジ大の研究者から、英データ分析会社のケンブリッジ・アナリティカ(CA)に不正に譲渡され、16年の大統領選でトランプ陣営のために利用された疑いが浮上。一大スキャンダルに発展した。その数は、ディーソンさんら回答者の約30万人だけでなく、その「友達」も含めて約8700万人分に上る。

 ディーソンさんは「友人の情報まで第三者に流出したことに怒りを感じる」というが、「FBの情報管理が甘いことは、IT業界では以前から有名だった。今回の流出問題に驚きはない。安全のためFB上に投稿する自分の情報は最低限にしていた」と明かす。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.