ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年06月26日 07時08分 公開

同点ゴールの本田に「ごめん」……ネット上で相次ぐ謝罪と称賛 (1/2)

本田さん、ごめん――W杯ロシア大会のセネガル戦で同点弾を決めた本田圭佑選手に対し、ネット上では称賛とともに“謝罪”の声が相次いだ。大会前は批判を浴びることもあった本田選手だが、実力で前評判を一転させた格好だ。

[産経新聞]
産経新聞

 本田さん、ごめん−。サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会のセネガル戦(24日)で同点弾を決め、決勝トーナメント進出をたぐり寄せる貴重な勝ち点1を日本にもたらしたMF本田圭佑選手(32)に対し、インターネット上では称賛とともに“謝罪”の声が相次いだ。大会前に十分なアピールができず、強気な発言などから批判を浴びることもあった本田選手だが、実力で前評判を一転させた格好だ。

画像
画像 セネガル戦で途中出場する本田圭佑に声をかける西野朗監督=24日、ロシア・エカテリンブルク(中井誠撮影)

 セネガル戦で1点リードされた後半27分、ピッチに立つと、わずか6分後に左足で同点ゴールをもたらした本田選手。やはり途中出場した初戦コロンビア戦で決勝点をアシストしたのに続き、存在感を見せつけた。

 「外していたらまずいシーンだったと思うので、決められてよかった」。試合後のインタビューでは淡々と振り返り、次戦のポーランド戦に向け「負けたら敗退もありえる。これがW杯の厳しさ。しっかり準備したい」と引き締めた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.