ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2018年06月26日 07時08分 公開

スパコン世界ランク激変 中国が首位陥落、米国返り咲き PEZYの「暁光」は姿消す (1/2)

スーパーコンピュータの世界ランキング「TOP500」が発表され、米国が中国を退け2012年以来の首位に返り咲いた。日本最速だったPEZYの「暁光」はランクから姿を消した。

[産経新聞]
産経新聞

 スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が25日、ドイツで開催中の国際会議で発表され、米国が中国を退け2012年以来の首位に返り咲いた。国の助成金詐欺事件で逮捕、起訴されたベンチャー企業の前社長らが開発し、日本最速だった「暁光」はランクから姿を消した。

 暁光は「ペジーコンピューティング」(東京)が開発。昨年11月の前回発表で国内最高の4位に躍進して注目を集め、前社長は今年中に世界トップを目指すとしていた。

 事件を受け、関連会社に開発費を融資した科学技術振興機構が調査し、当初の計画を満たせなくなったとして開発中止を決定。設置していた海洋研究開発機構の横浜研究所からも撤去された。

 トップに躍り出たのは米オークリッジ国立研究所の「サミット」。計算速度は毎秒12京2300兆回(京は1兆の1万倍)で、前回の首位から2位に後退した中国の「神威太湖之光」(同9京3014兆回)を大きく上回った。

 3位は米ローレンス・リバモア国立研究所の「シエラ」、4位は中国の「天河2A」だった。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.