ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年06月28日 07時04分 公開

SNSで話題“陸自の歌姫”メジャーデビュー 中部方面音楽隊、初のアルバム発売 (1/2)

陸自中部方面音楽隊が27日、初のCDアルバムをリリースした。ボーカルを務めるのは、陸自初の声楽要員で“陸自の歌姫”として活躍する3等陸曹の鶫真衣さん。透明感のある歌声を持つ鶫さんは「つらいときやしんどいとき、CDを聴いて心を癒やしてほしい」と語る。

[産経新聞]
産経新聞

 陸上自衛隊中部方面音楽隊(兵庫県伊丹市)が27日、初のCDアルバム「いのちの音」をリリースした。ボーカルを務めるのは、陸自初の声楽要員で“陸自の歌姫”として活躍する3等陸曹の鶫(つぐみ)真衣さん(30)。透明感のある歌声を持つ鶫さんは「つらいときやしんどいとき、CDを聴いて心を癒やしてほしい」と語る。(中井芳野)

 NHKの子供向け番組「おかあさんといっしょ」の「うたのおねえさん」に憧れ、中学3年で声楽を始めた。国立(くにたち)音楽大(東京都)を卒業後、洗足(せんぞく)学園音楽大大学院(川崎市)に進学。修了間近になり、陸自が声楽隊員を募集していることを知った。

画像 陸上自衛隊・中部方面音楽隊のコンサートで美声を披露する鶫真衣.3等陸曹=6月8日、兵庫県西宮市の兵庫県立芸術文化センター(彦野公太朗撮影)

 試しに足を運んだ海上自衛隊東京音楽隊の演奏会。自衛官の制服に身を包んだ音楽隊の演奏や、すでに“海自の歌姫”として活動していた三宅由佳莉さん(31)の澄んだ歌声に「こんなに心を動かされるなんて」と感銘を受けた。東日本大震災の被災地などで支援活動に取り組む隊員の姿にも共感し、平成26年、陸自初の声楽要員として入隊した。

 以来、近畿や中四国を中心に年間100回近く透明感のある歌声を披露している。SNS(会員制交流サイト)などで話題となり、アイドルグループ「AKB48」の「365日の紙飛行機」をカバーした動画投稿サイト「ユーチューブ」での再生回数は141万回を突破。28年に日本コロムビアからアルバム制作を打診され、自衛隊の活動を広く伝えるきっかけになればと快諾した。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.