ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年06月29日 11時03分 公開

SFの巨匠、「少年と犬」のハーラン・エリスン氏、84歳で死去

日本では特に「世界の中心で愛を叫んだけもの」が知られているSFの巨匠が亡くなった。

[AP通信]

 創造的かつ戦闘的作家で、「少年と犬」をはじめとする無数の物語、社会を悪夢のような、時にはユーモラスなシナリオで紡いだハーラン・エリスン氏が84歳で亡くなった。

 エリスン氏の死は6月28日、Associated Pressがエリスン氏の出版社であるSubterranean Pressの編集者であるビル・シェーファー氏に確認した。エリスン氏の事務所で電話に応対した匿名の女性によれば、同氏は27日、睡眠中に死去したという。

 半世紀以上の長きにわたる活動の中で、エリソン氏は50数冊の書籍、1400本以上の記事、エッセイ、テレビ番組や映画の脚本を執筆してきた。ネビュラ賞、ヒューゴー賞を受賞したSF作品が最もよく知られているが、エリスン氏はミステリ、コミック、新聞コラムまで事実上あらゆるタイプの執筆活動に手を染めてきた。

photo 2012年に撮影されたハーラン・エリスン氏(Courtesy Steve Barber via AP)
photo ハーラン・エリスン氏公式サイト(Harlan Ellison via AP)

Copyright 2018 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.