ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年07月03日 12時48分 公開

大阪北部地震で渋滞1.9倍に 「Yahoo!カーナビ」の分析で判明

6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震後の渋滞状況について、「Yahoo!カーナビ」の利用実績データを使って分析した結果をヤフーが発表。ピークは午前11時で、平時の約1.9倍の渋滞が発生していたという。

[ITmedia]

 ヤフーは7月2日、6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震後の渋滞状況について、スマートフォン向けアプリ「Yahoo!カーナビ」の利用実績データを使って分析した結果を「Yahoo!地図ブログ」で発表した。ピークは18日午前11時で、平時の約1.9倍の渋滞が発生していたという。


画像 「Yahoo!地図ブログ」より
画像

画像

 18日月曜日の渋滞状況を、平時(前週の月曜日と次の週の月曜日)と比較した。地震発生直後の9時帯から渋滞道路数が急上昇。ピークの午前11時ごろには幹線道路に加え、平時では渋滞のない比較的規模の小さい道路まで渋滞が発生し、渋滞した道路数は平時の約1.9倍に上った。

 正午〜午後4時にかけて渋滞道路数は徐々に減少し、午後10時には平時とほぼ同等に戻ったという。地震直後から行われた高速道路の通行止めは同日午後1時ごろから順次解除されており、これが渋滞緩和の一つの要因だったとみている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.