ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年07月09日 07時08分 公開

目や心臓も再生できるウーパールーパー 驚異的な能力の謎をゲノムから解く (1/4)

昭和の終わりごろブームを巻き起こした「ウーパールーパー」は恐るべき再生能力を秘めている。謎解きの鍵を握るゲノム(全遺伝情報)サイズは、ヒトの10倍以上。科学者は今年、その情報をついに解読した。

[産経新聞]
産経新聞

 昭和の終わりごろ、日本でブームを巻き起こした「ウーパールーパー」。かすかに笑っているかのように見えるこの両生類の名は、アホロートル(メキシコサラマンダー)だ。25センチ程度の小さな体に、恐るべき再生能力を秘めている。謎解きの鍵を握るゲノム(全遺伝情報)サイズは、ヒトの10倍を超える。科学者は今年、その情報をついに解読した。

鍵を握る巨大ゲノム

 ヒトはけがをすると血を流し、やがて血液中の血小板が傷口に集結して血が止まり、そのうち皮膚が再生して傷が見えなくなる。しかし、この能力はある程度軽微な傷に限定される。

 それに比べて、自然界には体のパーツを切り取られても再生する生物がいる。イモリの尻尾切り、数百回も切られてミンチ状になっても“復活”する扁形(へんけい)動物のプラナリアなどが有名だが、アホロートルも非常に高い再生能力を持っている。このことは科学者の間では古くから知られており、その仕組みなどを研究するために1864年から実験動物として繁殖されてきた歴史がある。

 アホロートルは、自然界では幼生の形のまま成熟する。ネオテニーという現象で、このため基本的には生涯を通じ、外えらをもっている。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.