ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年07月09日 07時16分 公開

猛暑の東京五輪を冷やせ! ぬれない霧、スパコン……ヒートアイランド対策の研究進む (1/4)

関東地方などで梅雨が明け、いよいよ夏本番。都市部を猛烈な暑さが襲うヒートアイランド現象が顕著になる時期だ。近年は東京五輪をターゲットに、多様な「都市を冷やす」対策の研究開発が進んでいる。

[産経新聞]
産経新聞

 関東地方などで梅雨が明け、いよいよ夏本番。都市部を猛烈な暑さが襲うヒートアイランド現象が顕著になる時期だ。だが近年は、2020年の東京五輪をターゲットに、多様な「都市を冷やす」対策の研究開発が進んでいる。

東京の気温は100年で3.2度上昇

 ヒートアイランドは、都市の気温が周囲よりも高くなる都市特有の現象だ。気温分布図を描くと、都市が高温の等温線に囲まれて島のような形になることからこう呼ばれる。

 熱を蓄えやすいアスファルト舗装やコンクリート造りの建物の増加、エアコンや自動車の利用といった人間の活動で生じる熱の集中などが原因とみられ、都市化とともに進行してきた。

 気象庁が6月26日に発表したヒートアイランド監視報告2017は、全国の大都市の気温は都市化していない地域に比べ長期的に大きく上昇していると指摘。東京は1950年代後半から70年頃にかけて気温上昇が顕著で、年平均気温はこの100年で3.2度も上がったとした。昨年8月の関東地方の平均気温は、東京の都心部を中心に高い地域が島状に分布していた。

 都市の高温化は、熱中症患者の増加につながる。夜間の暑さで、睡眠障害を起こす人も出てくる。エアコンの使用が増えれば電気代がかさむ。私たちの生活への影響は大きい。

 開催時期が真夏で猛烈な暑さが予想される東京五輪には、ヒートアイランドに慣れていない外国人の観客が多数訪れる。快適な「おもてなし」をするためには効果的なヒートアイランド対策の確立が急務だ。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.