ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2018年07月19日 07時17分 公開

進化するAI防災 膨大データ、避難や救助に生かせ (1/3)

AIを津波などの防災に生かす取り組みが広がっている。膨大なデータを短時間で処理し、行政や住民に提供して被害を最小限に抑えるのが狙いだ。

[産経新聞]
産経新聞

 急速に進化する人工知能(AI)を津波などの防災に生かす取り組みが広がっている。膨大なデータを短時間で処理し、行政や住民に提供して被害を最小限に抑えるのが狙いだ。西日本豪雨で大規模災害の脅威が改めて認識される中、AI防災への期待が高まっている。(小野晋史)

画像

高精度で津波予測

 川崎市は昨年秋、富士通や東京大などと協力し、AIを使って南海トラフ地震などの津波を発生直後に予測して防災に生かすシステムの導入に着手した。

 AIはあらかじめ架空の観測データを使って、川崎市を襲う津波のパターンを無数のシミュレーションで学習しておく。津波が発生すると、沖合の相模湾や駿河湾にある波浪計で観測したデータと学習成果をもとに、川崎市への到達時間や高さ、浸水域などを高精度に予測する仕組みだ。

 スーパーコンピューターで高速計算することで、地震発生の約10分後に5メートルの位置精度で浸水域の予測が可能になるという。

 市は南海トラフ沿いなどで巨大地震が発生した場合、1時間半後に最大で高さ約3.7メートルの津波が押し寄せると想定。防潮堤が機能しないなど最悪の事態での浸水域を予測し、きめ細かい情報を住民に提供して最適なルートでの避難につなげる。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.