ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年07月20日 07時28分 公開

小惑星リュウグウ、天体の破片が集まってできた可能性 「はやぶさ2」チーム、探査状況を発表 (1/2)

小惑星「リュウグウ」に先月到着した探査機「はやぶさ2」の探査状況を、JAXAのチームが発表し、リュウグウは壊れた天体の破片が集まってできた可能性があるとの見方を明らかにした。

[産経新聞]
産経新聞

 小惑星「リュウグウ」に先月到着した探査機「はやぶさ2」の探査状況を宇宙航空研究開発機構(JAXA)のチームが19日発表し、リュウグウは壊れた天体の破片が集まってできた可能性があるとの見方を明らかにした。

画像 小惑星探査機「はやぶさ2」の状況について会見するチーム=19日、東京都千代田区のJAXA東京事務所(草下健夫撮影)

 はやぶさ2は先月27日にリュウグウに到着後、高度約20キロの位置からカメラなどで観測を継続。今月21日ごろには詳細な観測のため高度約6キロまで接近する計画で、既に降下を始めているという。

 リュウグウはそろばんの玉のような形状で、直径は地上からの予測とほぼ同じ900メートル程度。赤道付近に200メートル以上とみられる大きなクレーターがある。

 表面に大きな岩が多数あることから、科学研究を統括する渡辺誠一郎名古屋大教授は会見で「より大きな天体が破壊され、その破片が集まってできたのではないか」と述べた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.