ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月27日 07時09分 公開

銀行生き残りへ土日営業加速 平日休業容認、利便性アップへ (1/3)

金融庁が銀行店舗の平日休業を認める規制緩和を今夏にも実施。柔軟な店舗運営を認め、コスト削減を後押しする狙いだ。杓子定規だった銀行の営業形態が様変わりしそうだ。

[SankeiBiz]

 金融庁が銀行店舗の平日休業を認める規制緩和を今夏にも実施する。日銀の大規模金融緩和による低金利の長期化や、人口減少の影響で経営環境が悪化する地方銀行などに対し柔軟な店舗運営を認め、コスト削減を後押しする狙いだ。既に2016年9月には規制緩和で“昼休み”の導入が認められ、代わりに従来休みだった土日祝日を営業日にするケースが増えている。杓子(しゃくし)定規だった銀行の営業形態が様変わりしそうだ。

進む過疎化

 「地域によっては過疎化が進み、現地採用も難しくなってきている」

 7月2日に全店舗の約1割に当たる14支店で昼休み(平日午後0時半〜1時半)を初めて導入した北海道銀行の担当者は、その背景についてこう語る。

 同行では人口が少ない地域は4〜7人で店舗を運営しており、交代で昼休みを取るとその間は電話が鳴っても出られなかったり、窓口の待ち時間が長くなったりと、顧客対応が不十分になっていた。昼休み導入後はしっかり休憩を取りながらサービスを維持することが可能になったという。

 かつては、企業の決済に利用される「当座預金」を扱う店舗では資金繰りに影響が出ないよう営業時間が午前9時〜午後3時と定められていたが、16年9月の規制緩和で昼間も休業できるようになった。その後、昼休みを取り入れる地銀が全国で増え、今年7月だけでも北海道銀のほか、みちのく銀行、東邦銀行、北陸銀行、佐賀銀行、富山第一銀行が導入または拡大した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.