ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年07月28日 12時00分 公開

FGOのリアルイベント「FGO Fes. 2018」開幕 規模1.5倍に【写真45枚】 (1/4)

スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」(FGO)のリアルイベント「Fate/Grand Order Fes. 2018 〜3rd Anniversary〜」が7月28日、千葉・幕張メッセで開幕した。昨年と比べて会場を拡大し、28〜29日の2日間で約3.5万人の動員を予定している。

[井上輝一(オルタ),ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」(FGO)のリアルイベント「Fate/Grand Order Fes. 2018 〜3rd Anniversary〜」が7月28日、千葉・幕張メッセで開幕した。昨年と比べて会場を拡大し、28〜29日の2日間で約3.5万人の動員を予定している。

「Fate/Grand Order Fes. 2018 〜3rd Anniversary〜」

 ゲームブランド「TYPE-MOON」とアニプレックス、ディライトワークスなどが参画するFGO PROJECTが主催し、幕張メッセの9〜11ホールを使用。昨年の9、10ホールに比べてスペースを拡大し、来場可能人数を増やした。入場チケットは抽選制で、昨年は2日間で約2万人を動員していた。

昨年に比べ規模を拡大

 メインステージは昨年に比べ約3倍の広さに。28日夜には「Fate」シリーズ使用楽曲のみのライブ「Fate Night. Fes」を初めて開催する。

 FGOは15年から配信しているiOS/Android向けスマートフォンゲーム。日本国内での累積ダウンロード数が1300万を突破するなど、大ヒットを記録している。

 スマホゲームの枠を超えた展開も進めている。7月26日には、セガ・インタラクティブと共同開発したアーケードゲーム「Fate/Grand Order Arcade」の稼働を開始。FGO Fes.会場にも体験機を設置し、にぎわいを見せている。

 FGO PROJECTによる売上は好調で、アニプレックスの2017年4月〜18年3月の純利益は345億円、ディライトワークスの17年7月31日時点の当期純利益は45億9000万円を記録している。

各国に合わせた服を着るサーヴァントたちが並ぶ「サーヴァントと巡る世界展」
メインビジュアルのジャンヌ・ダルク、アルトリア・ペンドラゴン、マシュ・キリエライト
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.