ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年07月31日 06時30分 公開

国内PC市場、働き方改革で追い風 再参入のシャープの勝算は (1/2)

縮小が続いていた国内のPC市場が変化してきている。働き方改革で増える在宅勤務による新たな需要が後押しし、2017年度の出荷台数は2年連続で前年実績を上回った。

[産経新聞]
産経新聞
画像 パナソニックが展開するノートパソコン「レッツノート」をPRする女優の比嘉愛未さん

 縮小が続いていた国内のパソコン市場が変化してきている。企業の買い替えの時期にあたるほか、働き方改革で増える在宅勤務による新たな需要が後押しし、平成29年度の出荷台数は2年連続で前年実績を上回った。世界的にも復調の兆しが見える中、シャープは赤字の東芝のパソコン事業を買収。8年ぶりの再参入を果たすが、中国など新興勢力との競争は激しく、スマートフォンのさらなる普及などで、もくろみ通りに進むかは不透明だ。(橋本亮)

働き方改革が追い風

 IT専門調査会社のMM総研(東京)によると、29年度の国内パソコン出荷台数は前年度比2・2%増の1033万9千台だった。

 米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」のサポートが32年1月に終了するのを控えた企業の買い替えや、パソコンを使って自宅などで働く「テレワーク」の推進といった働き方改革に伴う需要が追い風となっている。MM総研はパソコン需要の拡大が続き、30年度の出荷台数は29年度比6%増の1096万台になると見込む。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.